最近の8組の様子

2020.7.11

今週8組でACT(アート・コミュニケーション・トレーニング)がありました。

いつもと違う先生に教えてもらうのは、生徒にとってワクワクドキドキの時間だったと思います。

でも、臆することなくのびのびと作品に取り組む姿を目にすることができ、びっくりしました。

心置きなく思うがままに作品を作ることができる体験は、普段なかなかできる事ではありません。

生徒にとってはとてもよい体験だったのだろうと感じています。

 

ACTがあるたびに、新たな発見や生徒の成長を目にできるので、私にとってもとても良い体験になっています。

 

8組主任          津田 朝子


最近の保健室

2020.7.10

6月に学校が再開して1ヶ月ちょっと。

最初の2週間は分散登校、

全員登校になってから1ヶ月がたとうとしています。

 

4月始まりで考えると、1ヶ月たった5月は「5月病」という言葉がある通り、新しい年度が始まって1ヶ月が経過し緊張や疲れがピークに達する時期。

今はちょうどその時期にあたり、体調不良で保健室に来る人が多いです。

早退者がいない日はありません。

 

マスクや手洗い、ソーシャルディスタンスなどの新しい学校生活での

ストレス、

暑さに慣れていない中での活動、

6月後半からは雨が続き、すっきりしない天候の影響、

今週はテスト1週間前で勉強に追われ、、、

自粛生活が長かったので、楽しみにしていた学校生活で

疲れているのにがんばってしまっている人もいるように感じています。

 

疲れたときはゆっくり休むことが一番!!

ゆっくり休んで早く元気になってくださいね。

 

神馬 道子


3年生のみなさんへ ~放課後の自習~

2020.7.10

テストまであと少しです。

普段の授業や放課後の学習会などでテストに向けて頑張りましょう。

中には、すぐに帰り家庭で学習する生徒もいたり、『塾が大変なんですよ』なんて声も聞いたりします。

3年生頑張っていますね。

 

今日、紹介したいのは『図書室』です。

湯河原中学校の図書室は、放課後も開いています。

そこで、3年生は放課後に自習しています。

学習している姿に、さすが3年生だなと感心しました。

また、図書室には個別で学習できる学習コーナーもありますので、活用してみてください。

 

 

(3年職員 志田)


1次意識と2次意識

2020.7.9

昨日の学年集会の中で「いじめと人との関わり方」について話をしました。

 

思ってしまう思いが1次意識(たとえば、朝起きて「眠い!行きたくない」という思い)

 

作る思いが2次意識(たとえば「眠い・・・けど、行くか!」という思い)

 

この2次意識を作ることが人との関わりで、そして、大人になっていくうえで大切です。

集団生活ではさまざまなことがあります。

楽しいことよりももしかしたら、辛いこと、苦しいこと、大変なことの方が多いかもしれません。

けど、そんなときこそ、思いを作りましょう。

そうすれば、辛いこと、苦しいこと、大変なことが楽しいことに変わるかもしれません。

 

1年生のこれからの成長を楽しみにしています。

 

 

1年 藤井伸恭


今日は七夕です

2020.7.8

7月7日、今日は「七夕」です。笹竹に願い事を書いた短冊を飾り、星空を見上げる…そんな夜にしたいですが、今現在のお天気は雨模様。

織姫と彦星の年に1回のデートは、今年はお預けかもしれません。

 

さて、「七夕」の由来は中国の次のようなお話です。

昔、機織りの上手な娘、織姫が住んでいました。

織姫の父である天帝(天の神様)は、年頃になった娘の結婚相手を探していました。

そこで目に留まったのが働き者の牛飼い、彦星です。

織姫と彦星は会った途端に恋に落ち、めでたく結婚したのですが、二人は仲が良すぎて全く働かなくなってしまいます。

怒った天帝は、天の川で二人の間を隔てて離れ離れにしてしまいました。

しかし、嘆き悲しむ二人を見た天帝は哀れに思い、年に1度だけ会うことを許したのでした。

こうして、織姫と彦星は年に1度の七夕の日だけ、天帝が遣わしたカササギの羽を渡って会うことができるようになったのです。

 

機織り上手の織姫にちなんで、裁縫や習い事の上達を祈願するようになったのが「七夕」だと言われているそうです。

日本には奈良時代ごろに伝わり、江戸時代には今のように短冊を飾る風習になっていたようです。

「七夕の日の朝、サトイモの葉にたまっている露で墨をすって短冊に字を書くと、字が上達する」とも言われていたとか。

面白いですね。

ちなみに、七夕の行事食は「そうめん」だそうです。

何となく天の川に似ているからでしょうか?

 

 

今日降る雨を「催涙雨(催涙雨)」というらしい。

二人の「会いたい」気持ちは叶わず、涙雨となりそうです。

来年の今日にはコロナ禍が収まっていて、二人が笑顔で再会できるといいですね。

 

『1日も早くコロナ禍が収まり、みんなが笑顔で過ごせる世界になりますように・・・』

 

2年学年主任   木村 久美子


3年生のみなさんへ ~学習会の様子~

2020.7.7

今週の月曜日から放課後でテスト対策の学習会が行われています。

【学習会の予定表】

 

3年生は集中して学習会に取り組んでいました。

また、各教科の先生が質問に対して詳しく個別で教えていました。

テストまで残り1週間です。

悔いのないように頑張りましょう!

 

 

 

 

(3年職員 志田)

 


学校再開から1か月・・・

2020.7.7

6月の学校再開から早くも1か月が経過し、ぎこちなかったクラスの雰囲気もどんどんと解れ、生徒の明るい声が校舎内に響き渡るようになってきました。

 

私が担当している保健体育の授業では、体力向上もかねて縄跳びチャレンジという内容を授業中に行っており、1分間のなかでの連続跳躍回数をもとに10級~達人までのレベル別で目標を決めて取り組んでいます。

 

種目に取り組む前のウォーミングアップとして行っていますが、ほとんどの生徒が目標回数に向けて毎回一生懸命に跳んでいます。

 

なかには、二重跳びを極めるべく、授業前や試合の合間の時間に練習をするなど夢中になって取り組んでくれている生徒もいます。

 

どれくらいの生徒が取り組んでくれるのか心配でしたが、一生懸命に取り組む姿を見られて本当にうれしいです。

 

何事にも素直に取り組めるその心を、これからも大切にして欲しいなと強く思いました。

 

石川 詠梨

 


校長室より 『 みんな元気にしていますか 7/6 』

2020.7.6

「 仕事 」

 

3年生と校長面談をしていると、将来やってみたい仕事について話してくれる生徒がいます。

その仕事を選んだ理由や目的は様々ですが、自分の未来について15歳なりに一生懸命考えていています。

 

今年で38歳になる教え子から連絡がありました。

彼は地元を離れ、近県で建設業に従事しています。

「 現場監督として神奈川県内で造っていた建物ができあがったので、先生に見て欲しい 」

 

後日、案内された建物は想像以上に立派なできばえで驚きました。

完成を待ちわびている家族がどこかにいて、この建物と一緒にこれから幸せに暮らしていくのだなと想像して、私は自分事のように誇らしく感じ、見学に誘ってくれたことをとても嬉しく思いました。

 

彼の中学生時代を振り返ると、手先が器用で美術や技術家庭が得意でした。川釣りが趣味でルアー(擬似餌)を手作りしていました。

そして、何よりも友達や周りの人を喜ばせることが大好きな少年でした。

 

彼は今も、あの頃と同じように、大工として誠実に家を建てることでお客さんを喜ばせています。

自分の得意なことを活かして人生を歩んでいます。

 

 

もう日が沈みかけて薄暗い中、作業工程を丁寧に説明してくれる大人びた彼の横顔に、卒業してからの年月を大切に生きてきた証を見た気がしました。

 

校長 石井 朝方

 

 

 

 

 


3年学年だより 7月号

2020.7.4

令和2年度 3年学年便り 7月号.pdf

↑こちらをクリック


自然の力を借りる

2020.7.3

もうすぐ定期テストです。

先日も紹介しましたが、もうひとつ、科学的に集中力が高まる勉強法を紹介します。

 

自然の力を借りる

 

①自然の中で勉強する  →  緑豊かな公園やできれば騒音のない海辺や川べり、森の中など

※これは実践するのは難しそうですね。

 

②勉強前に5分~10分のウォーキング(家の中でオーケー)

 

③勉強をする場所に動物の写真を置いておく

 

試してみてください。

 

文責 加藤吉彦